2012年8月6日月曜日

【帰国者体験談】第一回 「シンガポールの12年」

第一回 「今打ち込むものがあるのも家族との海外生活体験があったから。
       人生は積み重ね、いつも前向きに生活をすることが次の生活を活かしてくれます。」 
                      -元シンガポール補習校校長 高橋みどり様

帰国倶楽部では、毎回海外よりもどられた方々をお招きし、体験談をお伺いしております。
第一回は、シンガポールに通算12年滞在され、帰国後も海外生活を支援する組織である「mint(ミント)」を主宰されている高橋みどり様より、駐在員の奥様として、二児の母親として、教育者としてみた海外生活と帰国までの体験談をお話いただきました。

 高橋みどり様
目次

1.シンガポール補習校
2.海外生活と子供の教育
3.常に帰国を意識して準備は早めに
4.しっかりとした日本語教育を
5.シンガポールの生活があって今の自分がある




「まずはプロフィールをお願いいたします。お生まれは東京ですね」

高橋:はい、東京生まれ、東京育ちで大学も東京でした。 もともと、教育者になりたかったこともあり卒業後、経済研究所を経てから、小学生から大学受験まで対象の進学塾を始めて15年間運営経営に携わっていました。その後主人が海外勤務となりシンガポールに1996年から通算12年間滞在しました。